プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

お酒を飲むのも、飲ませるのも大好きな、
一の倉 京橋店の店長です!
日本酒・焼酎だけではなく、
お客様に好評を頂いたお酒を紹介していきますよ!

好きなお酒は高知県の「酔鯨」。中でも「鯨海酔候」という名の純米吟醸が大好物!お店にも並びますので、皆さんも試してくださいね!

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2010年10月 | メイン | 2011年2月 »

2010年11月

2010年11月18日 (木)

いよいよ!

ボージョレ・ヌーボー解禁!
貴方なら何を合わせますか?
なんて言ってもよくわからないですが、ワインと地酒は似通うところが多いので、その方向で話をすすめます。
さっぱりにはさっぱり。こってりにはこってり。そのセオリーでゆくと、ボージョレは・・・。
濃い味なのにさっぱり軽口!うー、わからないですね。
やっぱり生ハムに頼るか・・・。

2010年11月10日 (水)

日本酒とは・・・。

私も若い頃(今も若いですが)は、よく無理をして日本酒を飲んだものです。が、毎日の仕事を始めてからは、翌日の事を考えてしまい、なかなか飲める機会も少なくなりました。寂しいものですね・・・。
うちにご来店されるお客様で、“したたか”日本酒を飲まれる方がいらっしゃいます。本当にこんなに飲んで大丈夫かな?と心配になります。
自分はもともとお酒が弱い方なので、飲んでも5合くらい、というレベルです。
しかし、べろべろに酔ってもしっかり帰られるんですね。お父さんは強いんだなぁ、と痛感させられます。
私にできることは、より美味しく気持ちよく酔ってもらうこと。飲み方のアドバイスができれば、これ幸い。
飲み口の良いお酒(純米以上の食前酒)を飲んでいただいてから、徐々に辛口の“酒臭い”酒、に移行していただくのが、オススメ!
いわゆる“酒臭い”酒、と私が言うのは、あくまでも悪い意味ではなく、独特の風味を持つお酒の事。石川県の酒なんてオススメですね。
お酒が旨い季節になり始めています。くれぐれも、飲みすぎにはご注意を。

2010年11月 4日 (木)

年に1度のお楽しみ!

当店では毎年の恒例となりました、「桜島 年号焼酎」が入荷しました!!
「桜島」といえば、薩摩焼酎(鹿児島県の産地呼称酒)では有名な銘柄の芋焼酎ですが、この“年号焼酎”はちょっと変り種。もともと、“寝かしてなんぼ”の蒸留酒を、あえて寝かさず、その年に取れた鹿児島県産“黄金千貫”を使って、その年に蒸留・出荷、という新鮮仕込みを売りにした珍品です!
言うなれば、「和製ボージョレ・ヌーヴォ」。そのフレッシュな感覚は、他の焼酎ではまず味わえない貴重な味です。
しかも、毎年の量を決めて蒸留される為、“その年にしか飲めない”というプレミア感が、飲み手を煽ります。
どうです?皆さん。あの異常な焼酎ブームの頃より、よっぽど有り難味がありませんか?2000円かけて渋谷で“赤兎馬”飲んでたころが懐かしい・・・。

ちなみに自分はここ3年ほど、“年号焼酎”を飲み続けてますが、今年の出来は今までで最高!ぜひ皆さんもお試し頂きたいです。
ご来店時はぜひお声かけ下さい。店長秘蔵の“デッドストック”が放出されるかも・・・。

個室居酒屋 一の倉 八重洲店 のサービス一覧

個室居酒屋 一の倉 八重洲店