プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

お酒を飲むのも、飲ませるのも大好きな、
一の倉 京橋店の店長です!
日本酒・焼酎だけではなく、
お客様に好評を頂いたお酒を紹介していきますよ!

好きなお酒は高知県の「酔鯨」。中でも「鯨海酔候」という名の純米吟醸が大好物!お店にも並びますので、皆さんも試してくださいね!

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

メイン | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月27日 (金)

知る人ぞ知る・・・


今回は、店長も大好きな焼酎“杜氏潤平”を紹介します!
宮崎県の芋焼酎といえば、“黒霧島”や”きろく”等が有名ですが、
焼酎好きな方なら、“杜氏潤平”は記憶しておいていただきたい!
紅いも仕込みの独特な甘い香りは、一度嗅いだら忘れられないものです。
“赤霧島”に負けない、パンチのある焼酎をお探しなら、
ぜひ“杜氏潤平”をお試しください!

2009年2月26日 (木)

冬といえば


写真のお酒、皆さん読み方はお解かりですか?
“だっさい”と読みます。
若い時の正岡子規の俳号で、
由来はカワウソが捕った魚を川辺に並べる姿、
転じて、学者が文献(書物)を並べ頭を抱える姿、
もしくは、書物を読み漁り飛び舞う様、
を意味するそうです。
今回は、スパークリングのにごり酒をチョイス!


・・・旨い・・・。

そして、名前が渋い・・・。

純米酒を基調に造る酒蔵ですので、
安価でのご提供は難しいですが、
できる限りの価格でがんばりますよ!
海外でも人気の地酒です!!!

2009年2月24日 (火)

兄弟酒


前回ご紹介した“大自然林”の兄弟的立場にある焼酎、
“屋久の杜(もり)”です。
白麹仕込みの“大自然林”に対し、黒麹仕込みの“屋久の杜”は、
じっくりと落ち着いた風味を持つ、“アダルト”な芋焼酎です。
黒麹独特のコクがありながら、すっきり飲みやすい、
しかも低価格、と三拍子揃った優等生!
あまり他の飲み屋さんではお目にかかれないこの焼酎、
当店でぜひ、お試しあれ~。

2009年2月20日 (金)

真のプレミア!


本日は、本坊酒造の芋焼酎“大自然林”をご紹介します。

いわゆるプレミア焼酎と言うと、“高価で手に入らない”
というイメージが付き物ですが、“安価で手に入らない”
焼酎はいかがですか?
通常、皆さんが行く酒屋さんにはまず置いていない、“幻の存在”ながら
飲み屋では飲む事ができる、“焼酎”。
これだけで、“プレミア焼酎”と、言えるのでは?

“大自然林”は、屋久島において、
鹿児島県産黄金千貫と柔らかい天然水によって、
丁寧に仕込まれた“貴重な”芋焼酎です!
蔵元と、直接契約した酒屋のみ扱える“大自然林”。
一口飲めば、その価値がわかるはずですよ!

一の倉京橋店にて、一杯“550円”でご提供しております。
ぜひ一飲!!!


2009年2月17日 (火)

奇跡の・・・


ついに入荷!!
知る人ぞ知る“十四代 秘蔵純米焼酎”
当店の隠しメニューの筆頭です!
地酒の“十四代”に飽きたら、
焼酎の“十四代”ですよ。
ちなみに、
・・・私もまだ飲んでません・・・。
誰か味見してくださいー!

2009年2月 7日 (土)

地酒も良いですよ


寒い日が続きますが、なんといっても地酒が旨い!
今日は“時期限定”の贅沢なお酒の紹介です。
青森の“田酒”や福井の“黒龍”と言えば、銘酒中の銘酒!
特に黒龍の垂れ口本醸造と言えば、“うすにごり”の酒ですが、
最初からビンを倒さずに、うわずみの部分だけを呑んでみると、
また違う味を楽しめます。
今月半ばには、黒龍吟醸垂れ口が入荷予定ですよ!

2009年2月 4日 (水)

貴重なお酒。


皆さん初めまして。一の倉 京橋店てんちょうです!
今日は大好きなお酒を紹介します。
香ばしい常圧蒸留麦焼酎の代名詞ともなったプレミア焼酎“兼八(かねはち)”と、全国で9店舗しか扱いの無い“錫釜(すずがま)”のそのまた原酒“錫滴(しゃくてき)”です!
やっぱり良いお酒は、“生(き)”で味見していただきたいものですね。
お酒の味を探る時、自分は必ず“生”で呑みます。皆さんもぜひ当店で、
試してください!
良い酒は必ず、何か特徴を持つものですよ。

個室居酒屋 一の倉 八重洲店 のサービス一覧

個室居酒屋 一の倉 八重洲店